次世代カスタムオーダー | 料金プラン
次世代カスタムオーダー | 低コストからスタートできるホスティング型 トータルコストをさらに低減できるサーバ設置型

次世代カスタムオーダーの導入方法は当社が管理するサーバで稼動するホスティング型と、お客様のサーバにインストールするサーバ設置型があります。どちらにもメリットが有り、お客様に適した導入形態を選択することが重要になります。各導入形態の料金プランは下記をご覧ください。

料金プラン/サービス提供形態

次世代カスタムオーダー | サービスの提供形態
維持管理 お客様のサーバへシステムをインストールするため、お客様自身もしくは委託によるシステム維持管理を行っていただく必要がございます。
特長 お客様ご自身でシステムの管理が自由に行えます。サポートの詳細については別途ご相談ください。
ドメイン ご利用中のドメインまたは、新規にお客様にて取得していただきます。
サーバ お客様のサーバ
サポート Webサイト、メール、電話、訪問などのサポート。
次世代カスタムオーダー | サービスの提供形態
維持管理 システムは当社のサーバ内で稼動しているため、必要な設備のご用意やシステムの維持管理は必要ありません。
特長 サーバ設置型に比べ、少ない初期費用で始められます。また、ライセンス購入の必要がございません。
ドメイン 別途取得・維持料が発生いたします。また、既にドメインをお持ちの場合は移管作業が必要となります。
サーバ 【当社サーバ】
ディスク容量: 5GB     メモリ(最大): 2GB
転送量: 無制限     設置場所: 国内
サポート Webサイト及びメールでのサポート。
次世代カスタムオーダー | 製品仕様
クライアント要件 インターネットに接続されたPCにFlash Player 9以上がインストールされたブラウザで動作します。
サーバ要件 OS : Linux / Mac OS X / Windows Server    データベース: MySQL または、PostgreSQL
サーバサイドスクリプト: PHP    Web サーバ: Apache または、IIS

※シミュレーション対象商品のデータ作成には、ベジェデータ(Illustrator等)が必要になります。
    所有されていない場合は、別途ベジェデータ作成料金が必要です。
※商品のバリエーションにおいて、特定の条件による分岐が必要な際は、別途お見積りとさせていただく場合がございます。
    例) ベースカラーが白の場合のみ、ロゴマークを黒にする。
※商品追加や機能追加など、運用・保守につきましては、別途ご相談ください。
※30型以上をご希望のお客様は、別途ご相談ください。
※ホスティング型は、1年以上の契約とさせていただきます。

必要型数の算出方法

型とはシミュレーションを行うために必要なデータになります。商品の種類、柄や形によって必要となる型数は異なってきます。下記に記載したものはスポーツウェア、シャツ、シューズの型数算出の例になります。

次世代カスタムオーダー | スポーツウェア

スポーツウェア必要型数の算出方法

スポーツウェアの場合、ジャンル(FOOTBALL WEAR / GOLF WEAR)、性別(Ladies / Men’s / Girl’s / Boy’s)、アイテムの種類(シャツ / パンツ / ソックス / 長袖シャツ / ノースリーブ / スカート / 帽子 / シューズ)などで算出いたします。例のスポーツウェアの場合は、シミュレーション用データが32型あれば最大で約28,672通りのシミュレショーンが可能です。

次世代カスタムオーダー | デモサイトはこちら 次世代カスタムオーダー | 管理画面はこちら
次世代カスタムオーダー | オーダーメイドシャツ

次世代カスタムオーダー | オーダーメイドシャツ必要型数の算出方法

オーダーメイドシャツの場合、性別(Men’s / Ladies)、シャツの種類(半袖・長袖・七分袖)、衿型(レギュラー、ワイド、ボタンダウン、タブカラー、スタンド、ボットーニ・ワイド、ボットーニ・BD、スナップダウン、ウィングカラー、ワンピースボタンダウン、ラウンド、スキッパー、ドゥエボットーニ)などで算出いたします。例のシャツの場合は、シミュレーション用データが40型あれば最大で約39,600通りのシミュレショーンが可能です。

次世代カスタムオーダー | オーダーメイドシューズ

次世代カスタムオーダー | オーダーメイドシューズ必要型数の算出方法

オーダーメイドシューズの場合、つま先の形(チゼルトゥ、エッグトゥ)、レース・ステイ/ストラップのデザイン(内羽根、外羽根、モンクストラップ、ダブルモンク)、素材の種類(牛革キップ、スエード)などで算出いたします。例のシューズの場合は、シミュレーション用データが16型あれば最大で約11,520通りのシミュレショーンが可能です。

次世代カスタムオーダー | オーダーメイドスーツ

次世代カスタムオーダー | オーダーメイドスーツ必要型数の算出方法

オーダーメイドスーツの場合、フロントボタン、フロントカット、襟の形などで算出いたします。例のスーツの場合は、シミュレーション用データが16型あれば最大で約37,440通りのシミュレショーンが可能です。